路地裏の土地を選ぶ時の注意点

もし、保有しているものの使い道がわからず放置している土地があるなら、投資に活かしてみることを検討してはいかがでしょうか。
土地を利用した資産運用といえば、駐車場経営を思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、運用を開始するにはかなり手間がかかり、大掛かりな工事が必要となるのでなかなか気軽に開始するのは難しいと思っている方も多いかもしれません。

しかし、実際はそれほど手間をかける必要はありません。

駐車場経営の専門業者に相談すれば、短時間で準備を進めてくれて、あっという間に経営を開始することができます。
しかも、毎月保守料を支払う必要がありますが、運用中の機器トラブルなどはすべて業者が対応してくれます。

また、土地を経営に活用することで税制上の優遇を受けることができるというメリットも見逃せません。
放置している土地にかかる固定資産税は、経営に利用することでかなり軽減することができます。

土地を持て余している方は是非検討してみてください。

土地は道路にさえ面していればどんなところにも存在します。
安価で購入しようと考えると、大通りに面しておらず駅から遠い土地ということになります。

つまり入り組んだ路地を何回も曲がってようやく着けるような土地にも家が建っているということです。
こういった土地に住む際には注意が必要です。

まず、隣の家が火事になった場合です。
こういう土地では長屋形式で建てられている場合もあるので、一軒が火事を起こすと隣の家にも燃え移る可能性が非常に高いです。

これはお互いに気を配ることが求められます。
そして一番大きいことが車選びについてです。

路地の狭さにもよりますが、少なくとも大型の車は入ることが出来ません。
そうなれば、せっかく安い場所を確保したのにガレージが無いということになります。

そして駐車場を借りるのにも出費が嵩むことになります。
中型車であっても出入りが困難な場合のことを考えてから購入に踏み切ることが大切になってきます。

儲かる土地の活用術

土地は家を建てる時だけに購入するわけではありません。
土地は購入してしまえば自分のスペースという事になるので、荷物を置いてもガレージにしても構いません。

世の中には月極駐車場が溢れています。
つまりガレージを必要としている人に、土地を貸す事によって毎月決まった収入を得る事が出来ます。

土地は自分が住むにも必要ですが、住む場所以外にも土地を持っている事によってこういったお金儲けをすることが出来ます。
もちろんガレージにする場合にはそれなりの広さが必要になります。

そしてガレージにする為にコンクリートや白線を引いて整備する必要があります。
これらは自分では出来ないので、業者に頼んで施行してもらうことになるのでお金がかかります。

しかし、一旦完成してしまえば毎月安定した収入を得る事が出来ます。
管理するだけで高額を得られるので、この活用法は立派なビジネスと言えます。

もし余っているようであればこの様に活用することがお勧めです。

保有土地